子供の足から大人の足まで 足のことなら「アシペディア」

100歳までピンピン歩ける社会の実現!

履き口の高さの種類とは!

靴のアッパーデザインということで、履き口の高さの種類を書きたいと思います! 靴は履き口の高さによって分類すると3つに分けられます。

f:id:madoc48:20171220200639j:plain
1. ブーツ ▶ 履き口がくるぶしよりも上にくる靴!
2. 短靴 ▶ 履き口がくるぶしよりも下にある靴!
3. その他 ▶ サンダル、ミュールなど!

さらに、ブーツは高さによって「ロングブーツ」

「ハーフブーツ」「アンクルブーツ」などに分けられます!

● ブーツの特徴 

外観

足を覆う面が大きく、短靴と比較すると重く物々しい印象を与える!

機能

足関節の安定性が大きいが、靴の脱ぎ履きには手間がかかる!

● 短靴の特徴

外観

足を覆う面が小さく、ブーツと比較すると軽い印象を与える!

機能

足関節の安定性は小さいが、靴の脱ぎ履きには手間がかからない!

どちらの靴にするかは以下のような理由で

選ばれてはいかがでしょうか。

短靴では

① 軽い靴が欲しい時!
② 踵周囲に通気性が欲しい時!
③ 脱着の容易な靴が欲しい時!

ブーツでは

① 踵までしっかりと安定した靴が欲しい時!
② 冬の寒さ対策として!

機能面は、短靴とブーツどっちがいいか、考えながら靴を選んでください。私は、踵が不安定になりがちなのでブーツの方が好きです。

さらに詳しい情報はコチラ
https://www.myfoot.jp/kutsumemo/post-15.html